スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医・歯二元論と制度のあり方を考える 

20071102104658.jpg

20071102105006.jpg

都温彦
(福岡大学名誉教授・前医学部歯科口腔外科教授)


歯学と歯科医療の理念,アイデンティティとは

歯科の理念,固有性,主体性とは何かについて考えてみたい.
明治39(1906)年,歯科医師法が公布されてから我が国の医・歯二元制度が始まった.平成18年版の「医療六法」に記載されている歯科医師の業務に関して見ると,歯科医師以外の者は歯科医療をなしてはならない.ただし,歯科医業と医業の一部は重なり合っていると考えられるので,医師が医業として行うことができる領域があると述べられている.この両者が重なり合う領域は,口腔・顎顔面外科領域であると考えられる.
平成14年7月10日,歯科医師の歯科医療の質および安全性の向上を図るため,歯科医師の医科麻酔科研修のガイドラインが取りまとめられた〔各都道府県衛生主管部(局)長宛 厚生労働省医政局医事・歯科保健課長連名通知〕.これによると,歯科医師の医科麻酔科における研修は重要であるが,研修といえども診療行為を伴う場合には,法令を遵守しながら適性に行う必要がある.そして研修では,社団法人日本麻酔科学会が認定した麻酔指導医が1人以上いることを規定している.
また,特に歯科および歯科口腔外科疾患以外の症例に関与する場合には,慎重な取り扱いを期するべきである,なかでも研修歯科医師が歯科および歯科口腔外科疾患以外の症例に関与する場合については,歯科医師であることを患者に伝えるとともに,原則として患者の同意を得ることが述べられている.本ガイドでは歯科医師の医科麻酔科における研修のあり方に関する基準が定められている.
そして歯科医師の救命救急研修ガイドラインについても,歯科医療の安全性および質の向上を図るために,歯科医師の救命救急研修は重要である.しかし,研修といえども医療行為を伴う場合には,法令を遵守しながら適切に実施する必要がある.特に歯科および歯科口腔外科患者以外の患者に対する行為では慎重な取り扱いを期すべきである.そして研修指導医は原則7年以上の臨床経験を有する医師であること,研修歯科医師が歯科および歯科口腔外科疾患以外の症例の医療行為に関与する場合には,歯科医師であることを患者,家族,保護者等に伝えるとともに,原則として患者の同意を得ることが述べられている.
以上のように,歯科医師に必要な医科的臨床の研修については当該科の専門医師の管理指導のもとに行われるが,実際の臨床場面においては歯科医療の場合に限られている.研修の一般目標では歯科診療において,生命や機能的予後に係わる緊急を要する病態に対して適切でより高度な対応ができることが謳われている.しかし歯科医療に限られた状況において全身的緊急事態に遭遇する機会は非常に少ない.このような全身的緊急事態の対応は数多く,色々な状況における経験と学習の場を踏まないと実際的臨床能力は身につかない.実際には知識を得る程度のことになると思われる.
ここでも,歯科の全身的対応の必要性と歯科の歯・口腔・顎顔面に限られた局所的歯科医療との一元論的共通面と現状の二元制度の矛盾が指摘される.そして現行の医・歯二元制度における医師法と歯科医師法による医療業務範囲の法的規制に関する厳しい現実を窺い知ることができる.
歯科医師法による歯科医師の法的業務範囲は,歯および口腔・顎・顔面領域であると解釈される.そして本領域の中には医師が行う医療も含まれている.このようなことから,医師と歯科医師と競合しあう共通的診療領域について,歯科医師は医師に劣らない学識と研究と治療技術,哲学性をもって社会や患者や医療者に対応しなければならないと思う.
医療においては質的に優れた方を患者や社会が評価,選択するのが当然のなり行きである.歯科医師の歯科医療の質と安全性の向上を図ることは卒後臨床研修だけでなく,卒前の関連医学や医学全般の知識修得についても,歯学生は真剣に取り組まなければならない.歯科医師には余計な講義として不真面目な対応をすることを禁じなくてはならない.これらの試験による評価は進級に影響する程,厳しく行われなければならない.そして幅広い医学的基盤と考えを持った歯科医師が養成されなければならないと思う.
前号において述べたように,歯学や歯科医師のIdentity(自己同一性,職業的理念や意識の一体性)が確立されていないと,現状と将来への取り組み方,意欲,希望,志が菲薄になると考えられる.
歯学とは何か,歯科医療とは何か,について改めて考えてみる必要はないだろうか.
この他,最近取沙汰されている歯科医師の“ワーキングプア”の増加についても対応を真剣に考えなければならない.
現在の歯科界の現状は,じり貧になって行くことを懸念せざるを得ない状況である.
その対処のためには,歯学生や歯科医師や歯学研究者たちがさらに歯科学そして歯科医療の価値や重要性を発見,認識して自ら活性化する必要があると思う.


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dentaltoday.blog122.fc2.com/tb.php/36-9d4e7a93





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。