スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医・歯二元論と制度のあり方を考える 

20071102104658.jpg

20071102105006.jpg

都 温彦
(福岡大学名誉教授・前医学部歯科口腔外科教授)

<最終回>

おわりに

●歯科医学のアイデンティティとは
 2005(平成17)年9月1日より「Dental Today」紙に本テーマを掲載することになってから3年9カ月を迎えることになった.本月号をもって終了させていただきたいと思う.長期にわたり掲載の機会を与えていただいた医学情報社に深謝申し上げたい.
 今回のテーマを考えるにあたっては,歯学あるいは歯科医学とは何か,そのアイデンティティを求めることであった.そのためにはヨーロッパに始まり,アメリカ合衆国において歯科医学,Dental Schoolとして医学と競合しながら,医学とは別に独自の発展をとげたアメリカの歯科医学と,その流れを汲む我が国の医・歯二元論制度の歴史をひもとくことが必要であった.
 我が国における医学における歯科学は,医学の一分科として東京帝国大学医学部に端を発しているが,それ以前より歯科医学は歯科医学専門学校のもとで歯科医師を養成していた.当時から,医師と歯科医師との身分制度があった.その流れは今からおよそ100年前に遡ることができるのである.
 ここに,“医学”における“歯科学”と,それから切り離すように身分法として制定された“歯科医師”と“歯科医学”との矛盾があり,それをどのように統合的に発展させるべきかという哲学的な問題が存在している.
 さて現代の歯科医学は,歯学部あるいは歯科という専門領域の中で閉じこもっていてよいのであろうか.大学院制度のもとで統合化されたところもあるが,もっと医学と交流し,医療面についても積極的に関連分野を開拓し,発展させる必要がある.そうでないと医学的,医療的に遅れをとる懸念がある.たとえば,看護学臨床における聴診器を使った医療は以前にはみられなかった.このような変化は時代の要請,社会的要請であるが,歴史的にみると,看護学と医学が一元論的基盤にあったことが指摘される.
 ここで歯科医師の職業的意識についてみると,医師であるという意識と歯医者であるという意識が存在している.自ら歯医者を唱えるものもいれば,医学の一分科としてのアイデンティティを求める人たちもいる.
 歯科医師のアイデンティティには,医・歯二元論制度になって以来の,医学か,そうでないかの矛盾が続いている.
 しかし現在の歯科医療には,専門医,指導医,認定医制度が作られており,従来の歯科医療から,より高度化している.そこで従来の歯科医療を踏襲した制度と,医業の一分科としての制度の両方が並立し,またそれを選択できるような,医学と歯学の教育の互換性を考慮した形をとる二元論制度も考えられるのではないかと思う.この在り方は従来から現在もごく一部で存在している.そしてこの考え方は,2006年4月1日号の「Dental Today」紙において小谷朗先生(信州大学名誉教授,前歯科口腔外科教授)が提案された医歯一元論制度(医学部・医科大学を卒業した者が歯科口腔外科の臨床科へ入る)を組み込める制度であると思う.
●求められる医学の中の歯科の存在意義
 さて,新しく大学院大学制度が発足して,医学部,歯学部の大学院や病院が一元化されるようになった現在,医学部はどのような意義をもって歯学を医学の中に位置づけているのであろうか.また歯学部はどのように医学部における歯科口腔外科を考えているのであろうか.お互いに無関心のまま,医・歯二元論制度の延長の中で習慣的に存在を認めているのであれば,真の歯科の存在意義はなく,医学としての歯科の発展性もないであろう.
 医療における歯科は,新たな存在意義を問うていないと,歯科がなければ困るという病院診療科の次元の意義だけになってしまう.現代の医学そして歯学の発展は,たとえば心身医学や,摂食・嚥下研究,再生医療研究などにおいては,医・歯二元論制度の発足当初とは異なって,両者の隔たりはなくなり,共通の医学的,生物学的認識をもたらしている.
 このようなことは,多くの医師や歯科医師,そして有識者たちが抱いている考えでありながら,手つかずのまま放置されているというのが現状であろう.
「医学としての歯科医学」は,医学の底辺を広げ,科学的に人間や病気の実態の原理を追求するのが本道であろう.そのためには,基本的原理を追求するテーマの目的と,方法が示されることが必要である.
これまで歯科は科学技術を本領としてきたところがある.科学技術は応用科学の分野であると思われる.この本領から歯科医学を追求して,歯や口腔,顎顔面の真理をかいま見て,真理の発見を導くことができるであろうか.
応用科学の1つである外科学は,未知で手付かずであった癌手術の進歩によって,癌の学問的底辺を広げ,科学的解明が行われつつある.同様に,医学に対等となる新しい歯科学の開拓と,画期的歯科学の知見と発見が,望まれるところである.
ちなみに,摂食器官である歯,口腔,顎顔面は生命の維持,発展にとって不可欠であり,そのメカニズムと有機的働きは生命現象やヒトの食性の進化を問う,歯科学における重要かつ大きなテーマの1つである.

 本稿を終えるにあたり,100年来継続してきた医・歯二元論制度は,このままでよいのか,患者にとってはどうか,学問の進歩にとってはよいのかどうか,という問題意識について,何らかの一石を投ずることができれば幸いであると思う.


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dentaltoday.blog122.fc2.com/tb.php/102-5b493d04





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。